主婦がカードローンの審査を通過するコツ

主婦のカードローン審査では、仕事をしているかしていないかで多少状況が異なってきます。
利用できるカードローンの種類は下記のとおりです。

  • 仕事ありの主婦→消費者金融、銀行カードローンどちらも利用OK
  • 仕事なしの主婦→銀行カードローンのみ

自身が仕事で収入を得ている主婦の人は、消費者金融や銀行カードローン、またはクレジットカード会社も利用できます。
雇用形態は問わず、正社員のほか派遣社員やパート、アルバイトでもOKです。

主婦のカードローン審査も一般的な審査と同じで、年齢、年収、家族構成、勤務状態、借入状況などから総合的に判断していきます。

特に下記のポイントは審査の可否を大きく左右する可能性がある項目です。

収入があるといっても月々の収入に安定性がなかったり、単発の仕事ばかりといった状況の場合は、審査に通る可能性は低いです。
毎月の返済を滞りなく行っていくためには、安定収入があることが大切な条件となります。

パート勤めだと審査には不利なのでは?と感じている人も多いですが、実はそうとは限りません。
正社員でなくても同じ職場に長く勤め続けている場合、安定収入と信用性の面から大きくプラス材料になる可能性があります。

ただし勤続年数が短いからといって審査落ちするとは限りません。
元々利用限度額が少額となるケースが多い主婦の借入では、勤めて間もない人でも審査に通ることもあります。

消費者金融や信販系での借入れには少々注意が必要です。
これらの貸金業者は総量規制の対象となるため、借入総額が年収の1/3になると借り入れが規制されてしまいます。

一方、総量規制対象外の銀行カードローンで借りる場合は、年収制限は一切ありません。